読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会人のち愛媛人

愛媛県の農業法人でイチゴ生産をしています。移住・農業・イチゴ・愛媛・松山での日常などについて書いていきます。

「求人募集はされていますか?」移住時の転職活動はこの一言だけで良い。

移住


「移住したいけど仕事が見つからない…」という方!ネットで求人情報を探すのはもうやめて今すぐ移住希望地行きのチケットを手配しましょう。

f:id:yumao:20160508215122j:plain

 

僕はこの方法で転職をしました。

 

10月上旬 愛媛県東京事務所に訪問

 

      f:id:yumao:20160508215958j:plain


永田町駅徒歩1分の距離にある都道府県会館。15階建ての高層ビルで東京における44都道府県の拠点となっている場所です。(残り3県は広島・高知・大分)
平日20時まで就農相談ができる『えひめ就農コンシェル』を知り早速問い合わせ。今でもすごく覚えています。何も分からない状態で愛媛県東京事務所に行ったのは昨年10月上旬でした。

www.pref.ehime.jp

愛媛県について・農業について教わる

 

f:id:yumao:20160508224306j:plain
引用:いよぎんキッズ:えひめの地場産業[えひめの特産品]

就農コンシェルジュ「お家の関係で農業経験とかはありますか?」
僕「全くありません。」
就農コンシェルジュ「作りたいものは決まっていますか?」
僕「何も分からず、全く決まっていません。でも絶対愛媛で農業をやります。」

今思うと、非常にやりづらかっただろうなーと。コンシェルジュさん、こんな僕にも色々と教えてくださりありがとうございました。

まずは愛媛についての概要から農業について、それぞれの地域ごとの産物など様々なお話を伺いました。久万高原は野菜が有名で研修施設もあり倍率が高いとか、八幡浜でならみかん農家の求人が多いとか、稼げない・きつい・家族労働など農業のリアルも赤裸々に。

あと愛媛県民になるなら判別できるべきと愛媛のかんきつについて18種類ほど載っているパンフレットもいただきましたが、ごめんなさい。愛媛移住から1ヶ月経ちましたが全然覚えられていません。

 

f:id:yumao:20160508225929p:plain

第一段階クリア。次の段階は…


移住に際し決めるべきこととして下記3点をコンシェルジュさんよりいただきました。

1.作物 2.場所 3.住宅

それと同時に愛媛県現地の職員さんをご紹介いただき次回アポイントの調整。早速11月に愛媛県の農業法人・農業研修施設・農家さんを回らせていただくこととなりました。次の段階は現地見学です。

この時に限らず愛媛の方々が他の誰かのために何かを手配する時のスピード感は異常。この記事に追加したい。 

yumao.hatenablog.jp

11月中旬 はじめての愛媛県現地見学


愛媛県現地職員さんとお会いし、はじめて農家さんや企業などを回ったのが11月中旬。農家さん2件・法人1件・農業研修施設1件、計4件の見学を手配いただきました。農業のリアルを知るためこの段階での目的は見学のみ。4件とも求人は出していなかったのですが、先にお伝えしますと4件の内1件の農業法人で僕は今働いています。不動産屋時代にも学んだことですが、やっぱり人間は直感が大事です。だって今すごく楽しいから。

www.excite.co.jp

「はじめるならいちごが良いですよ」


f:id:yumao:20160508235512j:plain

現地職員さんとのお話であがった内容ですが、聞いたときは正直「愛媛でいちご?!」と。高設栽培の普及により高齢者でも負担なく農作業が行えるようになったこと・愛媛県の安定した気候がいちごブームの要因だそう。さらに一言。

職員さん「収益性をとってもいちごは優秀。

現地見学での直感。

 

f:id:yumao:20160509000907j:plain

「あ、俺ここの職場で働く。」

何様だと思われそうですが、今の職場を見学した時に直感でこう思いました。だってハウス内が整理整頓されていてきれいだから。整理整頓されてる職場は個人・全体ともに意識がしっかりしていると個人的に思っています。よく天才のデスク(作業場)は散らかっているという内容をみるけど、一切理解できない。まあ、自分が天才じゃないからかもしれないけど。

なによりも現場トップの方の雰囲気が何か好きでした。なんとなくですごく好き。帰り際にスッと名刺をいただいてこの日は終わり。

他3件の見学については割愛しますが、農家さん・法人それぞれに農業のスタイルがあり4件回れたことはとてもプラスになりました。

12月中旬 2度目の農業法人訪問


の前に。前回の見学から東京に戻り12月上旬、トップの方に直接電話をしました。

求人募集はされていますか?

図々しい話ですが、ストレートにこう聞いて今では本当に良かったなと思っています。そして12月中旬にまたお時間を作っていただきお会いすることに。2度目の訪問ではいちご生産・求人についてを伺いました。この時点では「あれ、俺働かせてもらえることで良いのかな?」という感覚。

「これ持っていきや」

f:id:yumao:20160509004527j:plain

話の中で彼女のご実家に愛媛移住の意思を伝えにいくことをチラッと言ったら、帰りにお土産として持たせていただきました。

ただ、「いちご3つほど詰めたってや!」とおっしゃっていたのが3ケースのことだとはちっとも想像できていませんでした。

帰りの車でちょっとだけ泣いた。 

1月下旬 履歴書持参で3度目の訪問


愛媛訪問前日に仕事で業者間新年会があり朝4時まで飲み→朝6時半発成田行きのバスに2分遅刻→二日酔いでフラフラの状態で通勤ラッシュの京王線→無事成田出発のち愛媛強風のため松山空港上空から成田へのUターンのフルコンボ。

神様、愛媛に行くなと言ってるの?

翌日、日帰りで再度愛媛に行き履歴書渡して3度目は終わり。「きてもらうのは構わんよ」というふんわり内定通知。念のため社長とも会っておいてと言われ次は最終段階です。

2月中旬 4度目最終訪問

 

f:id:yumao:20160509011922j:plain


最終訪問は2月中旬。まだあれから2ヶ月ちょいしか経っていないんだ。。びっくり。社長とお会いし15分ほどお話をしました。年始の段階でふんわりと決まっていた内は、この時正式に確定しました。

「地域発展のベースには一次産業が必ずある」「数字としての結果を出し農業法人のベンチマークになる」「20代を育て愛媛でのいちご生産を広げていきたい」

この時社長からいただいたたくさんの熱い話については自分の目標含めまた別記事にしたいと思います。

まとめ


「地方は仕事がない」東京にいると散々耳にしますが、そんなことはありません。ただ、ネットに載っている数が少ないことは事実です。移住希望で仕事を見つけられていない方、ネットで求人情報を探すのは今すぐやめて現地に行きましょう!

「求人募集はされていますか?」の一言が1番近道だと僕は思います。